映画鑑賞の感想ブログ。映画を分析していきます。 紹介作のコメント・TB歓迎。それ以外はこちらで削除もご容赦ください。リンクはフリーです。
プロフィール

エーキチ

  • Author:エーキチ
  • 今まで映画何本観たかなあ…。
    たいした事はないんですが、せっかくだから、記録しとこうかな。
    貧乏性なんだよねえ…。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



プライドと偏見

...2006/01/15 21:00...

 恋愛映画でいかにもお年頃の女性が見たがりそうだなーと思ってたら、ウチの相方が見たそうにしていた。まあ、他にネタもないし観ますか~と、プラッと行ってみました。
 いきなり結論してしまいましょう!これこそ、まさに恋愛映画です。私が持つイメージとしての少女漫画の恋愛モノのひな形がここにあります。恋愛モノを描けずに困っている漫画家さんはコレを観て設定を変えて描けばOK。ただし、映画の完成度は高いので、コレより面白くするのは難しいかもしれないが…?!



 見終わった感想としては、短くまとめたな~というのが、第一印象。話の中身的には連続ドラマでじっくりやっても良い所を二時間程度にまとめてある(と思う)。まず、その点に敬服シマス。そして、ロケーションの美しさが印象に残ります。後は、キーラ・ナイトレイの反則技的な笑顔。あんなにチャーミングに笑われたら、私だったら、皮肉られてても気がつきません。
 話の時代背景は今の日本人にはすぐ理解できない部分もあるかもしれないけど、男と女の気持ちのやり取りや、お父ちゃん、お母ちゃんの娘可愛さの言動はふと笑いが漏れてしまったり、しなかったり。
 お父ちゃんといえば、サザーランドの親父さんなので、彼の口元が見えるたびに、「24」の効果音が聞こえるような錯覚を覚える…(嘘ですが)。キーファーはお母様からは遺伝子いただいてないのかしら?!
 なにしろ多感な恋に憧れる時に観るより、酸いも甘いも噛み分けた方のほうがじっくり、味わえる映画かも。

 気になったのは、エンドロールにでてきた、「エマ・トンプソン」の名前。『どっかで聞いたよな~、でも、この映画に出てきた役者ではないよな~』と悩んでしまったのだが、調べたら、別の本を映画化してるくらいにジェーン・オースティンが大好きな役者さんで、どうやら今回の脚本を無償でブラッシュアップした模様。それって、「脚本」でクレジットされてるデボラ・モガーさんの立場は…?って思っちゃったりもしますが…。人ごとなので放っておきましょう。

 それにしても、良い映画なのにタイトルがもったいないように思ったのは私だけだろうか。小説もなんか…なあ…。「プライド&プレジャディス」(という発音で良いのかわからんけど)は日本語に元々ナイ概念なのであれば、直訳ってのは無理があるだろう。もう少し内容を認識できるようなタイトルにした方が、何かと良いように思うけど…難しかったんでしょうね…。
スポンサーサイト




そうそう、他の人のブログ見て思い出したけど、もう1つ書くことがあった。
下の階層の人たちのことが、どうしても気になったよね~。良い人だとか、結婚相手にはしないとか、言っていても、所詮、金持ちであることが前提。決して彼女達の椅子をひく役目の男性陣や、家の小作人に目を向けることはないのだなあ…、と思うと… 男性の立場からすると「やっぱ、そこかい!」て感じ。
 粉飾決算もしたくなりますわな。(単なる時事ネタです。私は粉飾してません)
【2006/01/27 00:40】
URL | エーキチ #-[ 編集]




この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://eiya.blog10.fc2.com/tb.php/12-5de1370d プライドと偏見 ●『プライドと偏見』2006年1月14日公開。身分のう男女が対立しながら少しづつ距離が縮まるような・・・予告でしたが原作を知らないのでなんとも言えませんが今が旬のキーラ・ナイトレイが主演。映画チラシではいつものお決まりのアカデミー賞最有力作品とあ... 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ【2006/01/24 21:07】プライドと偏見 平民の女がどうしたらお金持ちの男と結婚できるのかという一点だけをテーマに、起伏の無い退屈な2時間が流れます。18世紀のイギリスの田舎町で、男達をいかにしてモノにするかを究極の目標に、主人公とその姉妹と母親はこのことのみに腐心して生きている。この作品の登場 シネマ・ぶりざーど【2006/01/26 00:22】映画の感想募集中! 映画やってます?様、プライドと偏見のトラックバックありがとうございました。フィルムナビでは、さまざまな映画のクチコミ情報を集めています。映画の感想などをブログに書かれた時には、ぜひまたトラックバックして下さい。お待ちしております! フィルムナビ〔film-navi〕【2006/01/27 04:34】
CALENDER
05 ⇔ 2017/06 ⇔ 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。