映画鑑賞の感想ブログ。映画を分析していきます。 紹介作のコメント・TB歓迎。それ以外はこちらで削除もご容赦ください。リンクはフリーです。
プロフィール

エーキチ

  • Author:エーキチ
  • 今まで映画何本観たかなあ…。
    たいした事はないんですが、せっかくだから、記録しとこうかな。
    貧乏性なんだよねえ…。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女

...2006/03/26 23:00...

The Chronicles of Narnia:The Lion,The Witch and The Wardrobeですよ!
う~んそ~か~。原題は「ライオン、魔女、そしてタンス」だったのか!小学生の頃読んでたのに、今まで知らなかったよ! それはいいね、どうでも…。
 そんな感じで先入観としてはやっぱり、馴染みのお話しの映像化ということで、つまンなくしちゃってたら、許さないぞっッて感じでした。で、観た感想としては映画としての評価より先に言っておきたい。
 本を読んでナルニアを知ってる人は見なくて良いです。いや、むしろ観るな!本を読んでない人は先に本を読みましょう。完全にネタバレしますので、見る必要はなくなります。




正直イヤな予感があった。映画化の話を聞いて、自分の好きな話が認められたのだと言う嬉しさの反面、恐かった。先に書いたように私は子供の頃に読んでいて、既にナルニアの住人だったから(なんてね)その世界観を壊されてしまうのではないかと恐れたのだ。
 その点の結論として、やはり、ナルニアをすでに分かったつもりになってる(私のような)人間はこの映画を見る必要はないと断じる。必要はなくても気になるから観ちゃうんだけど、ね。
 なんというか…映画としての評価としては、『悪い映画ではない』と思う。でも、この映画でナルニアの国に入って欲しくないなあ…。まあ、大人の方に強要する気はないが、子供に薦めるか?といえば、『まず本を読め』と。しかも7册全部読めばなおさら、映画を観ながら『俺はもう知ってるぜ』という変な優越感にひたれるぞ、と。
 それにしてもディズニーがんばっちゃったね~。『指輪物語』に負けるわけにいかないもんなあ。でも私の採点では世界観の広がりの点で『指輪…』の勝ちとしておきます。ただ、それ自体は実は原作の持つ世界観かもしれない。しかし本は文字にしない所は読者が想像する事で広がりを持つ。その想像の余地を残さず映像化した努力は認めるけど、まとめ過ぎではないか。どうせやるなら、完全移植ではなくオリジナル脚色にするとかヒネッてくれたら、私ももっと楽しめたと思うのだが(あるいはもっと酷評したかもしれないが、どっちつかズのどうでも良い映画と言われるよりは…?)。『ドリトル先生』をエディマーフィーにやらせるくらいなら、タンスをコンピュータに置き換えるくらいの飛躍があっても良かったのではないだろうか。今さら、中世の鎧とかじゃなく斬新なデザインでも良かったろうし…。
 …私としては映画化して欲しくなかったのかもね…。
というわけで、映画評として役に立たないのだが、お勧めしたい人は限定的です。『ナルニアとはこういう国だという意見を持ってる人で、かつ、その世界を他人が作った映像で観たい人』
 初心者はまず本読んでね!?
スポンサーサイト



同じ感想。。。
こんばんは。お元気そうで!

『ナルニアとはこういう国だという意見を持ってる人で、かつ、その世界を他人が作った映像で観たい人』

同じディズニーの昔のアニメ「ファンタジア」を見たときに同様の感想を持ちました。ファンタジアは一応名作の誉れ高い作品だし悪いともおもわなんだが、マトモに向き合うとどうもイメージの押し付けが鼻につく。「ああ、この人はこういう世界を感じているんでしょうね」という見方で見るのがよろしい・・・と。ナルニアは見ていないけど、アノ人たちはいかにもファンタジーを広げているように見せかけて、見る人を「あるところ」に囲い込んでいるように見えてならない(笑)。
【2006/04/01 00:45】
URL | はせがわ #EBUSheBA[ 編集]


 コメントありがとうございます!
 そういう感じです!視覚化するというのはイメージを限定する事なのでしょうね。だから、やむを得ない部分ではあるのだろうけど、『作品』として原作を超えてくれないと、お金を払って観る方としては「残念っ!」と言わざるを得ない…。
 まあ、この映画からナルニアに触れて素直に楽しんでらっしゃる方もいるから失敗作ではないようですが。
【2006/04/02 07:33】
URL | エーキチ #-[ 編集]

こんばんは
なるほど~と思う文章ですね。
ワタシは原作を読まずに映画に入ったのですが、なんだかなーみたいな感想を持ってしまいました。
やっぱりファンタジー作品は、本から入ったほうが自分の世界で想像するからこそ良い部分が多いように感じます。ワタシも原作を読んでみようかな。
しかし全7巻あるんですよね・・・・・・な、長い。
【2006/04/02 18:49】
URL | きりかぜ #zddsmPew[ 編集]


きりかぜさんコメントありがとうございます!原作は小学生向けなはずなので大人になってから読むには、それはそれでつらい部分があるかも・・・(^-^;
でも、「映画がつまんなかった」=「ナルニアはつまらない話」と思われるのは心外ですね~。とりあえず、「ライオンと魔女」は一冊で完結してまし、平易な文章なので読みやすいと思いますよ。
【2006/04/04 02:21】
URL | エーキチ #-[ 編集]




この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://eiya.blog10.fc2.com/tb.php/14-62396855 『The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardrobe』 第二次世界大戦下のロンドン。ベンジー家の4人兄妹は、疎開のため、田舎の古い屋敷に預けられる。長兄のピーター、長女スーザン、次男のエドマンド、そして、無邪気な末っ子のルー ぽとり映画【2006/04/02 18:45】
CALENDER
09 ⇔ 2017/10 ⇔ 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。